ABOUT KYOJO CUP

KYOJO CUPとは

レースをスポーツとして成熟させるために必要なこと。
それは“戦う土俵がフェア”であることだ。
これまでモータースポーツ界では、
全員が同じ道具を使って争う
「ワンメイクレース」はあったが、
男性・女性を分けたレースシリーズが
行われることはなかった
(正確に言えば、
女性シリーズが誕生しても
定着するほど長く継続できなかった)。
どんなに優れたスキルの持ち主でも、
男女間では身体能力面でどうしても
埋めることができない差ができてしまう。
あらゆるスポーツが男女を分けて
競技を行っているのと同様に、
モータースポーツ界にも「KYOJO CUP」を設立し、
女性ドライバー=競争女子だけの
“ガチンコ勝負”の舞台を整えた。

KYOJO CUPが誕生した2017年から2シーズンは、
小山美姫が圧倒的な強さをみせて
シリーズチャンピオンを獲得。
小山はヨーロッパで
始まった女性ドライバーのみで争われる
フォーミュラカーシリーズ「W シリーズ」へ
ステップアップを果たした。
女王不在となった2019年は大混戦の戦いに。
レースごとに勝者が変わっただけでなく、
時には3~4台が横一線に並んで
1コーナーに飛び込んでいく、
他のカテゴリーにも引けを取らない
手に汗握るバトルを披露した。
その中で女王の座を手にしたのは村松日向子。
最終戦でのファステストラップポイントを
獲得したことによる逆転チャンピオンだった。
2020年、今度はどんな“競争女子”たちの
戦いが待っているのか……。

レースのルール、仕組み

KYOJO CUPは基本的に1日開催。
午前中に朝に公式予選を行い、
グリッドを決定する。
決勝レースのスタートは、
フォーミュラカーレースと
同様のスタンディング方式。
周回数は10周で、
スプリントレースならではの
接近戦が随所で展開される。
インタープロトシリーズの
プロドライバーレースにも
引けを取らない、
手に汗握るバトルに
注目してほしい。

参戦車両

KYOJO CUPではVITA-01が
参戦車両として使用される。
より安価にモータースポーツを
楽しみたいというドライバーを対象に、
ウエストレーシングカーズが開発・製作。
製作台数は240台を超え、
現在は富士スピードウェイや
鈴鹿サーキットのみならず、
全国の各サーキットでVITAを
使用したシリーズ戦が行われている。
タイヤは2020年から
ダンロップのワンメイクとなり、
エンジンはトヨタVitzに搭載されている
同型のエンジンを使用する。
ワンメイク車両ではあるが、
3種類の外観からマシンカウルを
選べるようになっている。
カラーリングと合わせて、
それぞれが個性をアピールできるのも、
このマシンの魅力だ。

INTERPROTO SERIES MACHINE SPECSIPS車両スペック

シャーシ

セミモノコックフレーム+スペースフレーム

全長/全幅/全高

3,712mm/1,600mm/1,070mm

ホイルベース

2,200mm

トレッド F

1,390mm

トレッド R

1,440mm

ブレーキ

全輪4PODアルミキャリパー/
全輪ベンチレーテッドディスクローター

エンジン

Vitz RS

T/M ASSY

Vitz RS 5SPEED