IPS GEN RD1-2 RACE REPORT

RESULT DETAIL

IPSデビューの寺川和紘がクラス2連勝を飾る

2020インタープロトシリーズpowered by KeePerジェントルマンの第1大会が7月4日(土)に富士スピードウェイで開催され、IPジェントルマンクラスは#55 寺川和紘(人馬一体ドライビングアカデミー)が開幕2連勝を飾った。
▷予選
午前8時50分から始まった公式予選は横殴りの雨のなかでタイムアタックを強いられたが、その中で速さをみせたのがインタープロト初参戦となる寺川。雨が弱まり路面コンディションが良くなり始めたセッション終盤に2分03秒596をマークしトップに浮上。そのままポールポジション獲得かと思われたが、IPエキスパートクラスの#32 永井秀貴(NETZ NOVEL MIE)が2分02秒946を叩き出し逆転。寺川は総合で2番手となったが堂々のクラストップのポジションを手にした。

▷決勝
通常ジェントルマンレースは第1レースを土曜日、第2レースを日曜日に開催するが、今大会はワンデー開催ということで、第1レース終了後すぐに第2レースのスタート進行が始まるという、プロフェッショナルレースと同様のフォーマットで行われた。
第1戦に関しては雨の量が多かったこともあり、セーフティカー先導でレースがスタート。3周目にグリーンフラッグが振られた。2番手の寺川は序盤から永井を追いかけ、1秒以内の差でプレッシャーをかけていった。しかし、昨年圧倒的な強さを見せた永井も全く隙を見せない走りを披露。さらに本来なら6周で争われるはずだった第1戦だが規定時間(12分)が先に経過したため5周を終えたところでチェッカーフラッグが振られレース終了なり、寺川は総合2位となった。またこの他のジェントルマンクラスのドライバーも難しいコンディションの中で堅実な走りを見せ、#8 けんたろ(J Gear8 T-Japan)が総合6位でクラス2位、#7 とおる君(J Gear7 とおる君)が総合7位でクラス3位となった。

続く第2戦は、永井がレース進行手順違反でインタープロト車両の最後尾からスタートすることになり、寺川を先頭にスタート。エキスパートクラスの#44 山口達雄(NTP RACING IPS)とトップ争いを繰り広げた。一方、後方では複数台のアクシデントが発生しCCS-R車両と接触したとおる君がリタイヤとなった。
寺川は終始トップ集団の中でアグレッシブな走りを見せたが、最終的に山口と後方から追い上げてきた永井の先行を許し、総合3位でフィニッシュ。それでも2戦連続でクラス優勝を飾る活躍を見せた。けんたろが総合4位に入りクラス2位、#88 八木常治(Pastel Motorsport)が総合5位となりクラス3位に入るなど、混乱の多かった第2戦でジェントルマンドライバーが堅実な走りを披露した。

Driver’s Voice

寺川和紘 「クラス優勝できたということで、まずは素直に嬉しいです。この環境の中でレースをさせてもらえるという中で、その1回目の機会で結果を出すことができて本当に良かったです。僕にとってインタープロトは初めてなんですが、これまでの練習では一発のタイムは出るけど安定感がなく、そこが自分の課題でした。さらに今回は雨の中でのレースだったので、とにかく何も起こさずに完走ことを一番心がけました。そうすれば結果はついてくるといろんな方からアドバイスをいただいたので、それを実行できてよかったです」